Pocket

A post shared by Risa Flynn (@risa_flynn) on

東南アジア就職・転職の犯罪経歴証明書取得

■犯罪経歴証明書
海外への就職・転職にはワークパーミット(労働許可証)が必要であり、労働許可証の取得要件に犯罪経歴証明書の提出を求められる国がある。一般的には無犯罪証明書や警察証明と呼ばれ、各道府県の警察本部で交付手続きをする。発給には、およそ2週間から1ヶ月を要するが手数料は無料。また海外在住者は、各国の日本大使館や日本領事館で申請することが可能。この場合も手数料は無料だが、発給迄に約2ヶ月必要となる。

ここでは、ベトナムを例にあげてみよう。
ベトナムでの労働許可証取得に際して、犯罪経歴証明書の提出を求められる。犯罪経歴証明書を取る方法として、日本で取得する方法と在ベトナムハノイ日本大使館・ホーチミン日本領事館で取得する方法がある。

日本で取得する場合
日本で取得する場合には、各道府県警察本部の鑑識課で交付手続きを申請することになる。この際、就業する予定の会社からの招待状(内定通知書や労働契約書、出向命令書など)を提示する必要がある。申請書類を書き、指紋を取られて、手続き終了後1~2週間程度で交付される。

在ベトナムハノイ日本大使館・ホーチミン日本領事館で取得する場合
在ベトナムハノイ日本大使館・ホーチミン日本領事館に事前に犯罪経歴証明書を取得する旨相談し、指定された時間に在ベトナムハノイ日本大使館・ホーチミン日本領事館に行き、申請書と指紋採取。手続き終了後、約2ヶ月で交付される。取得する際に費用が発生しないものの、書類に押印された印鑑が本物であるという証明書を付属で提出を求められることが多い。(証明書の発行手数料は96万ドンで約5,000円)
日本で取得すれば1週間~2週間程度で取得できるが、ベトナムで申請を出すと2ヶ月前後かかってしまうようなので、できれば日本で取得しておきたいところ。