東南アジア就職・転職の就職活動ツール

就職活動ツールでは、就職活動をするにあたって、役に立ちそうな情報のご紹介。または、企業に採用された後、必要な事項のアドバイス。

英文履歴書の書き方
日本人が東南アジアで就職・転職活動をするに当たって英語の履歴書が要求される場合がままある。日系の会社だけ応募していれば日本語の履歴書で事足りることもあるにはあるが、やはり英語ができることがアピールできて損になることはないので出来れば英語の履歴書も準備するといいだろう。ここでは、英語の職務経歴書(レジュメまたはCVということが多い)の基本的な書き方について説明する。

ワークパーミット(労働許可証)
企業から内定を出してもらっても、新しい会社で働き始めた後、必ず取らなければならないのが労働許可証。通常は会社側が取ってくることが多いのであまりなじみがないかもしれないが、日本人の社員がその会社で自分ひとりの場合には他にやってくる人がいないので必然と自分でやらざるを得なくなるかもしれないし、労働許可証の知識がまったくないと、実は長年勤務していた会社が自分の労働許可証を取ってくれていなかった、なんて笑えない話にもなるかもしれない。そこで、ここでは労働許可証の取得方法を解説する。ビザだけではなく、労働許可証を取得して初めて東南アジアの各国で堂々と仕事をすることができるということをしっかり頭に入れ、取得方法を一通り把握しておくことでしっかり自己防衛しよう。

無犯罪証明書
すべての国で取得を義務図けられているわけではないが、一部の国では労働許可書を取得する際に提出を求められる。各在東南アジアの日本大使館で取得すると取得までに数ヶ月要するので、出来れば日本側で取得しよう。ここでは、日本側での取得方法と各国在日本大使館での取得方法の両方を解説する。